ドリームブロッサムのSDGs

SDGs (Sustainable Development Goals) = 持続可能な開発目標

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標

17のゴール・169のターゲットから構成され、「地球上の誰一人取り残さない(leave no one behind)」を誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

ドリームブロッサムの取り組み

未来の社会を担うのは今の子ども達です。

私たちは社会の一員として、お客様・パートナー企業と連携し、子ども達が大人になる10年後、20年後の社会を「誰一人取り残さない」優しさであふれた環境にするために、今できることに取り組みます。

ドリームブロッサムでは可能な限り環境に配慮した資材を取り入れ、これまで使用していたプラスチック製の梱包材も、徐々に再生紙の資材へ置き換えていきます。

ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、何卒ご理解ご協力いただけますようお願い申し上げます。

 私たちと、お客様・パートナー企業の間に、CO2削減の行動への「気付き」を共有し、より低炭素な生活へ向けた行動の改善を促すことにつなげていきたいと考えています。

テーマ取り組み内容
気候変動気候変動FSCマーク・ペーパーレス化の推進
再生可能エネルギー再生可能エネルギーRE100電力使用・太陽光パネル設置

多様性の尊重多様性の尊重

レインボーフラッグ・”受け入れる”意識づくり

温室効果ガス削減気候変動

エコ通勤手当・公共交通機関の利用・社用自転車

持続可能な社会づくり気候変動

ごみの分別

質の高い教育をみんなに質の高い教育をみんなに

児童養護施設、日本赤十字社への寄付 ショールームを活用した地域貢献活動

ワークライフバランスワークライフバランス

ファミリサポート・産休・育休・在宅勤務

気候変動への対応

sdg_icon_12_ja_2
sdg_icon_14_ja_2

・FSC認証の梱包資材
FSC認証は、森林の生物多様性を守り、地域社会や先住民族、労働者の権利を守りながら適切に生産された製品のみに認証されるマークです。
ドリームブロッサムでは環境を考慮した間伐材を使用している段ボールに切り替えています。

sdg_icon_12_ja_2
sdg_icon_13_ja_2
sdg_icon_15_ja_2

・ペーパーレス化
納品書や請求書のオンライン化や、業務上で発生する印刷物の削減により、ペーパーレス化を推進しています。

再生可能エネルギーの利用

sdg_icon_07_ja_2
sdg_icon_13_ja_2
・RE100電力使用

「Renewable Energy 100%(再生可能エネルギー100%)」の略称。
企業活動に必要な電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業。
会社の”すべて”の電力をECO電力に切り替え。
費用は高いが、環境に優しい自然エネルギーによって発電された電力を購入しています。

sdg_icon_07_ja_2

・太陽光パネル

ドリームブロッサムの新しい倉庫に設置しており、倉庫で使う電気を太陽光発電でまかなっています。

多様性の尊重

sdg_icon_05_ja_2

・レインボーフラッグ

レインボーフラッグとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー (LGBT) の尊厳と LGBTの社会運動を象徴する旗です。

「誰一人取り残さない」SDGsの実現には、多様な性の存在を理解し、セクシャリティに関わらず、すべての人が平等に暮らせる社会を目指すことが必要不可欠と考えております。

会社の入り口に多様性を尊重するためのレインボーフラッグを毎朝長友(代表)が掲げています。

rainbowflag

質の高い教育をみんなに

sdg_icon_03_ja_2
sdg_icon_04_ja_2
sdg_icon_05_ja_2

・児童養護施設へのおもちゃ寄付
いろんな人に平等におもちゃで遊んでほしい、未来を生きる子どもたちに考える種をまきたい、海外の知育玩具を日本中に届けたいと願い寄付を行っております。

・知育玩具ショールーム
販売を第一目的ではなく、お客様の集まる場所になってほしい、身近に知育玩具を感じてほしいという思いから生まれたショールームです。
地元にある遊べて買えるおもちゃのショールームで外部講師を招き、悩める親向けのプチ公演(マザーズコーチング)を無料で開催しています。

温室効果ガス削減

sdg_icon_11_ja_2
sdg_icon_13_ja_2

・エコ通勤・公共交通機関の利用
宮崎の電車は1時間に1本が普通。。。
車での移動があたりまえですが、社長はエコのために週2回、電車通勤をしています。
自動車通勤から電車・自転車通勤に変えた社員が〇名おります。
自動車の渋滞緩和、大気汚染物質の排出削減ができます。

・社用自転車
中古の自転車を購入して使用しています。
会社の外部倉庫や近場への移動は自転車を使います。

持続可能な社会づくり

sdg_icon_11_ja_2
sdg_icon_12_ja_2
sdg_icon_14_ja_2

・ごみの分別
ごみと資源を分別することで、資源は再利用され、限られた資源の有効活用がされます。
その結果、ごみの量が減り処分のためのエネルギーや燃料消費量を減らし、温室効果ガスや有毒物質の発生量を削減することにつながります。
また、プラスチックごみが海洋汚染や生態系に及ぼす影響も問題視されており、分別を正しく行い、資源として再利用することは環境を守ることにつながります。

上記のことを踏まえ、ドリームブロッサムのゴミ捨て場では資源の再利用に繋げるために分別を細かく規定しております。

ワークライフバランス

sdg_icon_08_ja_2

・ファミリーサポート
家族に関する行事・通院・看護・介護のための特別休暇制度(1時間ごとに使える)を、有給とは別に取得できます。

・産休・育休
産休・育休はもちろん、働くママさんが多い職場でもあり、急なお休みも取りやすい雰囲気です。

・在宅勤務
状況に応じて、在宅勤務を取り入れています。柔軟な働き方に対応でき、従業員の私生活の豊かさに繋がります。